プレゼントに最適! 12個の誕生石が持つ意味や効果とは?

プレゼントに最適! 12個の誕生石が持つ意味や効果とは?

大切な人に贈るプレゼントに、誕生石をモチーフにしたアクセサリーを選んでみては如何でしょうか。誕生石は、その月に生まれた人の「守護石」として、不思議な力を発揮すると言われています。相手を幸せにしたい、守ってあげたい、願いを叶えてあげたい…そんな特別な気持ちを込めて贈るプレゼントとして最適です。

誕生石の意味や効果について

1年12カ月、それぞれの月に割り当てられた天然石のことを「誕生石」と呼んでいます。誕生石一つひとつに、その月にまつわる意味やメッセージが込められており、生まれた月の誕生石を身につけることで幸運が訪れると言い伝えられています。守護石として、身に付けた人を守る、運気を補うなどの働きもあるそうです。

各誕生石が持つ意味

誕生石は、国や宗教によって若干の違いがあります。ここでは日本で最も馴染みのある誕生石を紹介していきます。

1月:ガーネット

ガーネットは、真実・忠実・勝利、友愛など、真の努力や繁栄、深い絆を象徴する石です。別名「ざくろ石」とも呼ばれ、ガラスの様な光沢が赤やオレンジの光を放ちます。

1月の誕生石

2月:アメジスト

誠実、高貴、やすらぎの象徴であるアメジスト(紫水晶)は、石の持つ波動によって感受性を高め、心を豊かにする働きがあるといわれています。インスピレーションを必要とするアーティストにも人気の石です。

2月の誕生石

3月:アクアマリン

青く透き通った海を想像させるアクアマリンには、ストレスによる疲労を癒し、心を安定させる力があります。また、聡明、沈着、勇敢を象徴する石でもあり、これから進む道に希望をもたらすといわれています。

3月の誕生石

4月:ダイヤモンド

リラックス、健康、明晰を象徴するダイヤモンドは、地球上に存在する石の中で最も硬く、その力も非常に強力です。持っている人のエネルギーを最大限まで高めてくれるだけではなく、大切な人との絆を永遠のものに導く力があるといわれています。

4月の誕生石

5月:エメラルド

叡智の象徴として知られるエメラルドは、古くから知的な職業に就く人たちに愛用されたと言い伝えられています。また、恋愛や結婚のお守りとしても効果が高く、お互いの気持ちや約束ごとを貫き、夢や希望を実現する力をもたらす働きがあります。

5月の誕生石

6月:ブルームーンストーン

ムーンストーンはネガティブな気持ちを取り除き、自信を持って未来を切り開く力を与えてくれます。ムーン(月)は女性の象徴でもあり、女性らしい優しさや愛情で心を満たしてくれるでしょう。健康や富の象徴でもあり、自分や親しい人に迫る危険を察知し、身を守る力を与えてくれる石としても知られています。

6月の誕生石

7月:ルビー

ルビーが放つ真っ赤な輝きは、持つ人に非常に強いエネルギーを与えてくれます。情熱、仁愛、威厳の象徴といわれ、恋愛や仕事を成就させたいときに頼りになる石です。カリスマ性を高めたいと願う人にもおすすめです。

7月の誕生石

8月:ペリドット

美しい黄緑色が特徴的なペリドットは、宇宙から地球へ降りてきた「太陽の石」と言い伝えられています。落ち込んだ気分を解消し、持ち主の内面的な魅力を引き出すお守りとしても人気があります。

8月の誕生石

9月:サファイア

聖職者にふさわしい石として、身につけている人に誠実さを与え、病や苦しみから解放する力があると言い伝えられています。深く美しい青色は、頭脳を明晰にし、自分の意志をしっかりと固める働きがあります。夫婦や家族の幸せを叶えるお守りとしても喜ばれます。

9月の誕生石

10月:ピンクトルマリン

愛情の象徴とされているピンクトルマリンは、身につけている人に生命力と自信を与えるといわれています。また、浄化の力を持つともされており、恋愛に対する不安や悲しみを取り除くお守りとしても重宝されています。

10月の誕生石

11月:スイスブルートパーズ

濃いブルーの輝きを持つスイスブルートパーズは、知的なエネルギーを持つとされています。困難を乗り越える意志と知性を与え、身につけている人の仕事運を向上させる効果を秘めています。

11月の誕生石

12月:タンザナイト

見る角度や光の加減によって表情を変えるタンザナイトは、正しい判断力と決断力を与えてくれます。未来を見ることができる石であるという言い伝えがあり、持ち主の未来を良い方向へと導いてくれるとされています。

12月の誕生石

自分が生まれた月以外の誕生石も欲しくなってしまうくらい、それぞれに素敵な意味が込められています。女性だけではなく、男性にも人気の誕生石。特別な記念日に贈るプレゼントとしてぜひ検討してみてください。

MENU