ペアリングは何指に着けるのが正解?

ペアリングは何指に着けるのが正解?

ペアリングはふたりの絆の証であり、幸せの象徴でもあります。ただ、実際にペアリングをつけようとしたとき、「どちらの手のどこの指につけたら良いの?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「ペアリングはどちらの手の、どの指につけるのが正解なのか」について迫ってみました。

結婚指輪を「左手の薬指」につける理由

ペアリングの代表と言えば、結婚指輪ですよね。結婚指輪は左手の薬指につけるのが一般的ですが、これにはきちんとした理由があります。その理由を遡ると、古代ギリシャに隠されています。
古代ギリシャでは「左手の薬指にある太い血管が心臓に繋がっている」と考えられており、自分の身を守るために、左手の薬指はとても大切な指だったのです。

そのため、左手の薬指に結婚指輪をつけるということは「相手に心を捧げること」を意味するとされていました。このような理由からふたりの愛の証として、左手の薬指に結婚指輪をつける慣習が世界中に広まったと考えられています。

芸能人ご愛用アイテム特集

恋人とのペアリングは「右手の薬指」につける?

それでは、結婚していないカップルのペアリングは、どの指につければ良いのでしょうか。
指輪をするときの右手と左手には、それぞれ異なる意味があります。右手は外部から力を呼び込み活力をアップさせる手で、権力や権威を表すとされています。中でも右手の薬指は「精神の安定」の象徴で、人間関係を円滑にする指だと言われています。一方、左手は外的ストレスから身を守る手で、信頼と服従を表すとされています。

このような理由から、結婚をしていないカップルの場合、もし人間関係を円滑にしたいのであれば、右手の薬指にペアリングをつけると良いでしょう。感情を乱してケンカをすることも少なく、穏やかな気持ちで接することが期待できるはずです。また薬指は動きが少ない指なので、指輪を落としにくいという現実的なメリットもあります。ただしこれはペアリングに関する諸説のうちのひとつなので、あくまでそういった考え方もあると捉える程度にしてください。

実際は特に決まりはない!

結論から言うと、「ペアリングはこの指につけなくてはならない」という決まりはありません。上記で紹介したように、結婚指輪の由来から左手の薬指につけるカップルもいますし、指にまつわる諸説をもとに右手の薬指につけるカップルもいます。中にはファッション性を意識して、ペアのピンキーリングをつけるカップルもいるようです。薬指以外にもそれぞれの指に違った意味があるので、以下を参考にペアリングをつける指を選んでみてください。

親指

信念の象徴。困難を乗り越えるパワーが必要なときに。

人差し指

集中力や行動力の象徴。恋人との仲をもう一歩前進させたいときに。

中指

直感力の象徴。どのような状況でもうまくやっていけるような機転が欲しいときに。

薬指

愛情の象徴。ふたりの愛を高め、穏やかな時間を求めるときに。

小指

チャンスの象徴。自分の魅力を恋人に伝えたいときに。

このように、ペアリングをつける指には特別な決まりはないので、恋人と相談して自分たちに合った指につけると良いでしょう。ふたりでどの指につけるかを話し合うのも楽しみのひとつなのかもしれません。

ペアリング特集

アクアシルバー大人気ペアリングこちらから

ペアリング
MENU